今週末2018/8/24~2018/8/26にかけてポケモンの世界大会WCS2018が行われます。WCS2018直前に環境を見直してみましょう!

この記事では、日本の対戦環境に多くいたパーティの基本的な戦い方や、パーティ採択の候補ポケモンなどを記載しています。

ゲンガエン

【主な採用ポケモン】

メガゲンガーガオガエンカプ・ブルルジャラランガピッピマリルリカミツルギバンギラス

【基本的な戦い方】

『メガゲンガー』の「かげふみ」で相手の交代を封じて有利な対面を作って戦うパーティ。特性「いかく」の『ガオガエン』で「ねこだまし」「とんぼがえり」を駆使しながら「かげふみ」+「ほろびのうた」ギミックで相手を崩すか能力ランクを上げる技を持つポケモンの起点を作るのが勝ちパターンとして多い。

【取り巻きに採用されるポケモン】

このパーティが一世を風靡したのは『ジャラランガ』との組み合わせ。特性「ぼうおん」が「ほろびのうた」ギミックと相性が良く、『ジャラランガ』の苦手なフェアリータイプを『メガゲンガー』で逃さずに倒す意味で相性が良い。また、『メガゲンガー』が苦手な「じしん」や他のフィールドの恩恵を受ける攻撃を弱めるために『カプ・ブルル』も採用されることが多い。最近は『ジャラランガ』が下火なこともあり、海外では『カミツルギ』や『バンギラス』を採用した形も増えてきている。

【対策】

コンセプトが「かげふみ」による対面作りなので、『メガゲンガー』の処理速度が早い相手は苦手。特に『カプ・テテフ』は特性「サイコメイカー」で『ガオガエン』の「ねこだまし」も通じず特殊耐久を高めることも多いメガゲンガーを「サイコショック」で倒せるので、フィールドの奪取は重要。また、『メガリザードンY』や『バイバニラ』など特殊の範囲攻撃で負荷を掛けてくる相手はガオガエンやピッピで守り切るのが難しく不利なことが多い。

バシャキザン

【主な採用ポケモン】

メガバシャーモキリキザンカプ・コケコアギルダークレセリアミミッキュピッピカミツルギ

【基本的な戦い方】

『メガバシャーモ』を主軸にしたパーティ。特に、環境初期で猛威を奮った『メガメタグロス』や『カビゴン』に強いことから注目が集まった。特性「いかく」に弱いので特性が「まけんき」の『キリキザン』との組み合わせが有名。ただ、いきなりバシャキザンを並べるより、『メガバシャーモ』は後発に置いて削れた相手を倒しながら特性「かそく」で素早さを上げて制圧していく戦い方が強力。

【取り巻きに採用されるポケモン】

バシャキザンの攻め方に合わせて攻撃的なポケモンが多い。特に、『カプ・コケコ』は『メガバシャーモ』が苦手な『カプ・レヒレ』に強く、先発での削りから後発の締めまでこなせるため相性が良い。また、「いかく」による誤魔化しを無視するために『メガバシャーモ』や『ミミッキュ』で「つるぎのまい」を使うこともあり、そのために『ピッピ』のようなサポートポケモンを採用することもある。

【対策】

『メガバシャーモ』が「かそく」で素早さを上げていくので「トリックルーム」は有効。バシャキザン側は耐久が高いポケモンも少ないので「トリックルーム」を発動させない動きを狙いに行くことになる。また、攻撃対象を変える「このゆびとまれ」も有効で、『モロバレル』や『ピッピ』は『メガバシャーモ』に「フレアドライブ」を強要させるので反動ダメージで蓄積を入れることができる。

リザランド

【主な採用ポケモン】

メガリザードンYランドロス霊獣カプ・コケコカプ・テテフクレセリアカミツルギカビゴンウツロイド

【基本的な戦い方】

特性「ひでり」により炎技の火力を底上げできる『メガリザードンY』を主軸にしたパーティ。岩技と電気技が弱点であるため特性「いかく」で電気無効の『霊獣ランドロス』が採用されるが、『メガリザードンY』が飛行タイプなので「じしん」を打ちやすく攻撃的な並びを作りやすいの特徴。パーティ全体で水技に耐性をつける目的で『メガリザードンY』が補完で採用される場合もある。

【取り巻きに採用されるポケモン】

リザランドの並びで対処しづらい『メガボーマンダ』や『霊獣ランドロス』対策に氷技を持つ『クレセリア』、水タイプを強打できる『カプ・コケコ』や『カミツルギ』は採用されることが多い。相手の『カプ・コケコ』対策で『ウツロイド』や『カプ・テテフ』を採用することもあり、特に海外ではこの組み合わせが散見される。特に『カプ・テテフ』は「Zきあいだま」で『ガオガエン』・『ヒードラン』・『バンギラス』を睨めるようにしていることが多い。

【対策】

岩技を持ち天候を奪える『メガバンギラス』は天敵。他には『カプ・コケコ』と『霊獣ランドロス』も『リザードン』を一撃で倒せる技を持つことが多い。また、『ガオガエン』は炎技に交代で繰り出しやすく「ねこだまし」で攻撃のテンポを崩してくるので厄介な存在。『メガリザードンY』より素早いポケモンで「あまごい」を使うようなピンポイントな対策はBo3形式なのであまり見られないだろう。

ガルーラ

【ポケモンのアイコン】

メガガルーラカプ・レヒレランドロス霊獣クレセリアヒードランカミツルギサンダーカプ・コケコ

【基本的な戦い方】

スペックの高いポケモンの並びに『メガガルーラ』を採用したパーティ。『メガガルーラ』は「ねこだまし」を使えるポケモンの中では能力水準が高く、攻撃範囲の広さからパーティに合わせて技をカスタマイズしやすいので、サポート性能が高い。『メガガルーラ』の圧力と「ねこだまし」から隣のポケモンでアドバンテージを取る戦術が多い。

【取り巻きに採用されるポケモン】

最も代表的なのは「めいそう」『カプ・レヒレ』。特性「いかく」の『ガオガエン』や『霊獣ランドロス』の弱点を突けるので『メガガルーラ』との相性が良い。また、「めいそう」『カプ・コケコ』や「みがわり」『ヒードラン』も『メガガルーラ』が「れいとうパンチ」を持つことで苦手な『ランドロス』を睨める。他にもサンダーの「おいかぜ」や『クレセリア』の「トリックルーム」などの素早さ操作技を合わせることも多く、その場合は素直に『メガガルーラ』でそのまま攻め込む形も見受けられる。

【対策】

「ねこだまし」でペースを掴む戦い方をするので、「サイコフィールド」を展開する『カプ・テテフ』や「かげふみ」で『ガルーラ』が腐りやすい『メガゲンガー』を主軸にしたパーティとは分が悪い。また、『メガガルーラ』自身は耐性がなく相性補完には優れないため、立ち回りで鋭い読みを求められることも多く、プレイヤーの腕の見せ所でもある。

関連記事

【WCS2018】世界大会を120%楽しむ!WCS2018対戦環境について
【WCS2018】WCS2018を120%楽しむ! 日本環境その2
【WCS2018】WCS2018を120%楽しむ! 日本環境その3
【WCS2018】WCS2018を120%楽しむ! 日本環境その4
【WCS2018】JCSライブ大会出場者パーティ一覧