8/16にTwitter社がuser stream機能を廃止(正確に言うと使用するのに課金制になった)され、注目度が再度上がっているMastodon。
そのMastodonがどんなものなのか簡単に解説します。

マストドン (Mastodon) はミニブログサービスを提供するためのフリーソフトウェア、またはこれが提供する連合型のソーシャルネットワークサービスである。開発者はドイツのプログラマーであるオイゲン・ロチコ (Eugen Rochko)。「脱中央集権型」 (decentralized) のマストドンのサーバーはだれでも自由に運用する事が可能であり、利用者は通常このサーバーの一つを選んで所属するが、異なるサーバーに属する利用者間のコミュニケーションも容易である。名前について、 GitHub で公開されている FAQ において、ロチコは「私は同名のプログレッシブバンドのファンで、そこからマストドンという動物に興味を持つようになった。この動物とマストドンという名前は大変クールであると考えた」としている
Wikipediaより引用

Mastodon

ミニブログといいつつ、Twitterと似たようなツールです。

はじめにサーバーを選択して、アカウントを作成します。自分の気になった人をフォローして自分だけのTL(タイムライン)の作成ができます。ここまではTwitterと同じです。

サーバー内すべてのツイート(Mastodonではトゥート)をTLが自動で作成されます。自分のフォローした範囲がローカルTL、サーバー内すべてのトゥートが見れるのが連合TLです。

Webだとこんな感じ

画像1番右が連合TLです。自分ひとりで初めて何人かフォローしただけでMastodonやめちゃったので、通知も空っぽ(涙)

引用にも書いてありますが、別サーバーの人でもつながることが可能なので、サーバーの縛りはそこまで厳しくはないということになりますね。

Aというサーバーに所属している場合、Aの丸の中にあるトゥートを連合TLとして見ることができます。

じゃあどのサーバーを選ぶべき?

規模の大きいインスタンス

個人が作成したインスタンスで1番大きい

個人が作成したインスタンスです。規模が大きいのでTwitterみたいな感覚で使えるかもしれません。使用ルールなどがあるので注意が必要です(法律は守ろうねとかですけど)

Pixiv

いち早くインスタンスを作成したのが、Pixivです。Pixivで絵を書いている方が多く登録されているので、更新情報が知りたい方にはオススメのインスタンスです。

ニコニコ

オタクなら通って来たであろうニコニコ動画のインスタンスです。ドメインがfriendsなのはけものフレンズが流行した時に作成したからと噂です。寒いですね。

後はラブライブ!やアイカツ!アイマスなど色々な界隈のマストドンがあるみたいです。

フォローしなくてもトゥートが見れることや、色々な繋がりが増えやすいので、一応属する界隈に近いところで登録すると良いかもしれません。

まとめ

  • 親しい界隈でサーバーを決めると、似たような趣味の繋がりを増やせる
  • 他サーバーでも連絡を取ったりすることはできる