WCS2019では、草タイプの重要性が非常に高まっています。様々な草タイプがいますが、中でもよく採用されている強力なポケモンたちを紹介します。ポケモン達の特徴を掴んで使用してみましょう!

草タイプが強力な理由

WCS2019サン・シリーズでは草タイプのポケモンがパーティに高い頻度で採用されます。

強力な伝説のポケモンに対して強い

このルールで、まず対策しなければならないポケモンとして挙げられるのが『カイオーガ』です。『カイオーガ』の強力な雨状態の「しおふき」はこうかばつぐんのポケモンはもちろん、等倍のポケモンでも受けるのが難しいです。草タイプは、水タイプの攻撃をこうかいまひとつで受けることができ、攻撃はこうかばつぐんで通すことができます。さらに、『カイオーガ』とならんで採用数の多いポケモンである『ゼルネアス』の相方に選ばれやすい『グラードン』に対しても『カイオーガ』同様こうかいまひとつで攻撃を受けて、こうかばつぐんで返すことができます。またくさ/どくタイプのポケモンを選択することで、ゼルネアスに対しても大ダメージを見込むことができます。

倒しづらい

『カイオーガ』が多いこのルールでは、炎タイプが一撃で倒されてしまうことが多いので採用しづらいです。さらに、雨状態だと炎タイプの攻撃は半減になってしまうので、草タイプを炎タイプの攻撃で倒すのは困難です。

メガシンカがないことやファイアローの弱体化により、飛行タイプの強力な打点がないことも後押ししています。

強力な草ポケモン8選

では具体的にどんなポケモンが使用されているか、現在使用率が高い、今後使用されそうな草タイプポケモンたちについて個別に解説します。赤字になっているのが、主に使用されるわざやとくせいです。

ルンパッパ

ルンパッパルンパッパ
すいすい/あめうけざら/マイペース
みず・くさ
HP    :  80:255
Atk   :  70:200
Def   :  70:200
Satk :  90:200
Sdef :100:200
Spd  :  70:200
Total:480:754

特徴

このポケモンはいくつかの強みがあります。まず、とくせいの「すいすい」です。何回も書いている通り、このルールでは『カイオーガ』が非常に強力です。『カイオーガ』のおかげで雨状態になりやすく、「すいすい」が発動しやすいです。「すいすい」を発動した『ルンパッパ』であれば、相手の『カイオーガ』が「こだわりスカーフ」を持っていても先に行動することができます。

くさに加えてみずタイプも持っているので、相手の『カイオーガ』の攻撃を1/4で受けることができるのも魅力の一つです。『カイオーガ』に対して後出しで対処ができる数少ないポケモンです。

ねこだましを覚えるため、味方の伝説ポケモンサポートにも回ることができます。すいすいが発動していなくてもそれなりの効力を発揮することから、最近では雨に関係ないパーティでも採用されるのを見かけます。

攻撃技 ハイドロポンプ/ねっとう/くさむすび/れいとうビーム/ふぶき/はたきおとす
補助技 ねこだまし/なげつける/あまごい/にほんばれ/こごえるかぜ

もちもの

いのちのたま/とつげきチョッキ/おうじゃのしるし

モロバレル

モロバレルモロバレル
ほうし/さいせいりょく
くさ・どく
HP    :114:255
Atk   :  85:200
Def   :  70:200
Satk :  85:200
Sdef :  80:200
Spd  :  30:200
Total:464:754

特徴

ダブルタイプの厄介な草ポケモンといえばこのポケモン『モロバレル』。このルールでももちろん強力です。「キノコのほうし」で眠らせる、「いかりのこな」で味方のポケモンのサポートをする、「クリアスモッグ」で相手の積み技を無効にする、さらにこのルールでは、「くさむすび」で相手に大ダメージを与えることができます。

伝説のポケモンが「黒い鉄球」などを持たない限りトリックルーム下では先に行動できるのも大きな魅力です。

このポケモン1体で『カイオーガ』『ゼルネアス』「トリックルームパーティ」への対策をすることができます。

攻撃技 くさむすび/ヘドロばくだん
補助技 キノコのほうし/いかりのこな/クリアスモッグ/あまごい/にほんばれ

もちもの

オッカのみ/レッドカード/ウイのみ(ピンチベリー)

カミツルギ

カミツルギカミツルギ
ビーストブースト
くさ・はがね
HP    :  59:255
Atk   :181:200
Def   :131:200
Satk :   59:200
Sdef :  31:200
Spd  :109:200
Total:570:754

特徴

攻撃性能の高いウルトラビーストです。『カイオーガ』『グラードン』を上から攻撃して致死ダメージを与えられるのは非常に魅力的です。

しかし、このポケモンはそれだけではありません。はがねタイプのわざを持つと『ゼルネアス』にかくとうタイプのわざを持つと『ガオガエン』にも高い打点を持てます。

非常に低いとくぼうですが、努力値をとくぼうに多く割くことで、『カイオーガ』『ゼルネアス』の攻撃でも耐えるようにできます。

『おいかぜ』を覚えるのですばやさ操作も可能なため、色々な型でパーティに入れることができます。

攻撃技 リーフブレード/スマートホーン/せいなるつるぎ/はたきおとす
補助技 おいかぜ/つるぎのまい

もちもの

きあいのタスキ/とつげきチョッキ/フィラのみ(ピンチベリー)

アマージョ

アマージョアマージョ
リーフガード/じょおうのいげん/スイートベール
くさ
HP    :  72:255
Atk   :120:200
Def   :  98:200
Satk :   50:200
Sdef :  98:200
Spd  :  72:200
Total:510:754

特徴

このポケモンの最大の特徴は「じょおうのいげん」です。このとくせいは相手の先制攻撃を封じることができます。このルールでよく使用される「ねこだまし」を止めながら攻撃を通すことができます。

強力なくさタイプの技である「パワーウィップ」で『カイオーガ』『グラードン』に大ダメージを与えることができ、「てだすけ」での伝説ポケモンのサポートもできます。また、「フェイント」で相手の「まもる」を貫通させることもできるので、「こだわりスカーフ」を持った『カイオーガ』と非常に相性が良いです。

相手の先制技(ねこだまし)を封じつつ、「とんぼがえり」で盤面を作れるのも強力です。

攻撃技 パワーウィップ/トロピカルキック/はたきおとす/けたぐり/とびひざげり
補助技 てだすけ/フェイント

もちもの

オボンのみ/フィラのみ(ピンチベリー)

ナットレイ

ナットレイナットレイ
てつのとげ/きけんよち
くさ・はがね
HP    :  74:255
Atk   :  94:200
Def   :131:200
Satk :   54:200
Sdef :116:200
Spd  :  20:200
Total:489:754

特徴

シングル/ダブルを問わず様々なルールで活躍するくさポケモン。このポケモンの強みはなんと行っても『カイオーガ』『ゼルネアス』に対して攻撃的に立ち回れるところ。先述のポケモンたちと比較するとサポート性能はほとんどないが、自身の攻撃性能が非常に高いのでアタッカーとして使いたいです。

「きあいのタスキ」を持っていそうな高速ねこだましポケモンに対して「ねこだまし」を『ナットレイ』で受けつつ隣のポケモンで、「ねこだまし」をしたポケモンを倒すなど「てつのとげ」を有効に活用する動きも考えると戦術の幅が広がります。『ガオガエン』に対してほぼ無力なのでそこは注意しましょう。

攻撃技 パワーウィップ/ジャイロボール/ばかぢから/はたきおとす
補助技 のろい/やどりぎのね

もちもの

たべのこし/フィラのみ(ピンチベリー)/こだわりハチマキ

ラランテス

ラランテスラランテス
リーフガード/あまのじゃく
くさ
HP    :  75:255
Atk   :105:200
Def   :  90:200
Satk :   80:200
Sdef :  90:200
Spd  :  45:200
Total:480:754

特徴

最大の特徴はとくせい「あまのじゃく」です。このルールはほぼ確実と言ってもいいほど『ガオガエン』を始めとしたとくせい「いかく」のポケモンが入っているので、そのポケモンたちの選出を牽制、出てきた場合でも攻撃アップを見込むことができます。

「いかく」のポケモンと鉢合わせなかった場合でも通りのいいかくとうタイプのわざである「ばかぢから」で攻撃と防御のステータスを上げることができます。

攻撃技 リーフブレード/ばかぢから/はたきおとす/むしくい
補助技 なやみのたね

もちもの

オボンのみ/フィラのみ(ピンチベリー)/とつげきチョッキ/きあいのタスキ

ユキノオー

ユキノオーユキノオー
ゆきふらし/ぼうおん
くさ・こおり
HP    :  90255
Atk   :  92:200
Def   :  75:200
Satk :   92:200
Sdef :  85:200
Spd  :  60:200
Total:510:754

特徴

とくせい「ゆきふらし」を持つポケモン。あられ状態にすることで、『カイオーガ』『グラードン』から天候を奪取することがで優位に立ち回れます。さらに、あられ状態と合わせて使いたい必中「ふぶき」は多くのポケモンに等倍以上のダメージを期待できるのも魅力。

『Wキュレム』や『ミュウツー』のような高速高火力ポケモンとの組み合わせで立ち回りを考えやすいパーティを作りやすいです。

あられ状態にすることで「きあいのタスキ」を崩しながら立ち回ると相手のプランを壊すことができるかもしれません。

攻撃技 ふぶき/くさむすび/ウッドハンマー/こおりのつぶて
補助技 やどりぎのたね/なやみのたね/

もちもの

オボンのみ/ウイのみ(ピンチベリー)/きあいのタスキ

カプ・ブルル

カプ・ブルルカプ・ブルル
グラスメイカー/テレパシー(未解禁)
くさ・フェアリー
HP    :  80:255
Atk   :130:200
Def   :115:200
Satk :   85:200
Sdef :  95:200
Spd  :  75:200
Total:570:754

特徴

登場時に「グラスメイカー」で「グラスフィールド」を生み出すアローラの島の守り神です。

このルールでは『カプ・コケコ』『カプ・テテフ』が非常に多く存在していますがこのポケモンももちろん強力。『カイオーガ』『グラードン』に対しての打点や、相手のフィールドを塗り替えるのが主な仕事。ちなみに「だんがいのつるぎ」は「グラスフィールド」で半減することはできません。

くさタイプは半減されることが多いのですが、カプの専用技である「しぜんのいかり」で絶対相手を削ることができます。

フェアリータイプを持つので、『ゼルネアス』対策に引っかかってしまう点にだけ注意しましょう。

攻撃技 ウッドハンマー/ウッドホーン/ばかぢから/いわなだれ/しぜんのいかり
補助技 やどりぎのたね/ちょうはつ/つるぎのまい

もちもの

フィラのみ(ピンチベリー)/とつげきチョッキ

その他草タイプ(ようりょくそ)

単体使うのは性能が低く少し難しいですが、晴れ状態で素早さが2倍になるとくせい「ようりょくそ」を持ったポケモンは『グラードン』との相性が良いので、構築の選択肢に入ってきます。

主に候補になるのは以下の4匹です。

  • フシギバナ
  • ワタッコ
  • エルフーン
  • ドレディア

関連記事