今週末2018/8/24~2018/8/26にかけてポケモンの世界大会WCS2018が行われます。WCS2018直前に環境を見直してみましょう!

この記事では、日本の対戦環境に多くいたパーティの基本的な戦い方や、パーティ採択の候補ポケモンなどを記載しています。

カメツルギ

【主な採用ポケモン】

メガカメックスカミツルギカプ・コケコガオガエンクレセリアウツロイドウルガモスカビゴン

【基本的な戦い方】

『メガカメックス』の「ねこだまし」から『カミツルギ』の「Zおいかぜ」から展開する攻撃的な構築。「Zおいかぜ」は急所率が2段階上がるので「リーフブレード」は必ず急所に当たる非常に強力な攻撃になる。メガカメックスは「ねこだまし」要員でありながら『カミツルギ』が苦手な炎タイプに強いため相性が良い。

【取り巻きに採用されるポケモン】

『カミツルギ』は安全に「Zおいかぜ」を使うために耐久を高めることが多く、カメツルギの並びは素早さが中速に固まりやすい。そのため、素早さが高く攻撃性能も高い『カプ・コケコ』や『ウツロイド』などが採用される。また、「めいそう」『クレセリア』や「ちょうのまい」『ウルガモス』を採用して「おいかぜ」が切れた後も戦える形を作ることも多い。

【対策】

『カミツルギ』に打点があり『メガカメックス』での処理が難しい『サンダー』・『リザードン』辺りが苦手。特にこの2匹は「おいかぜ」を習得するので素早さで優位に立つのも難しい。また、カミツルギは環境的に数を増やしつつあるため、不意の炎技で対策されることも多くなるだろうが、世界大会ではBo3形式であるため切り替えて戦える別プランを用意しておきたい。

ラティアス

【主な採用ポケモン】

メガラティアスカプ・コケコランドロス霊獣カミツルギガオガエンテッカグヤギルガルドトリトドン

【基本的な戦い方】

耐久・耐性に優れるメガラティアスを主軸にしたパーティ。タイプや数値水準の近いクレセリアに比べると素早さと火力が高いところが特徴で、上から殴る素早いビートダウンの動きと相手から突破されない状況を作って詰ませる2つの戦法を使い分けて戦うことができる。

【取り巻きに採用されるポケモン】

ほとんどの場合は『霊獣ランドロス』が採用されている。『ラティアス』の特性が「ふゆう」なので「じしん」を打ちやすく、『ラティアス』に強い鋼タイプに打点を持つことができる。『ラティアス』が「めいそう」を使う場合は特性「いかく」で物理耐久を補佐できるのも嬉しい。『カプ・コケコ』はビートダウン性能が高く、苦手な『ランドロス』に『ラティアス』が強いため相性は悪くない。また、相性補完が綺麗な『テッカグヤ』や同様に耐性に優れる『トリトドン』などが採用されることも多い。

【対策】

相手に合わせて戦い方を選ぶことができて、取り巻きのポケモンに汎用性があるため苦手な構築は少ない。ただし、基本的な火力が乏しく、ビートダウン時もZワザの火力に頼る部分が大きいため、交代などでうまくかわされてしまうとジリ貧になりやすい。また、『ラティアス』の詰め性能は高いが、「エレキシード」クレセリアなどの台頭で「どくどく」の採用が増える可能性もある。

海外環境 簡易考察

まずは海外で行われたインターナショナル(どの国の人でも出場できる国際的な大きい大会)の結果を振り返ってみよう。

オセアニアインターナショナルは、現環境の中心である「威嚇」を持つ『ガオガエン』解禁前ということで省略させてもらう。

【4/17-4/29】ラテンアメリカインターナショナル

順位 プレイヤーネーム パーティ
1 Carson Confer メガハッサムランドロス霊獣カプ・コケコキリキザンルンパッパニョロトノ
2 Alberto Lara メガゲンガーランドロス霊獣カプ・レヒレオニシズクモライチュウポリゴン2
3 Eric Rios メガリザードンXランドロス霊獣カプ・コケコミロカロスミミッキュカビゴン
4 Melvin Keh メガリザードンYランドロス霊獣カプ・テテフカプ・コケコミロカロスカビゴン
5 Alex Gomez メガリザードンXランドロス霊獣カプ・コケコミロカロスミミッキュカビゴン
6 Jean Paul Lopez Buiza メガリザードンYクレセリアランドロス霊獣カプ・テテフカプ・コケコキリキザン
7 Raul Ramirez メガメタグロスランドロス霊獣カプ・テテフサンダーモロバレルカビゴン
8 Nico Davide Cognetta メガゲンガーカプ・ブルルデンジュモクガオガエンピッピジャラランガ

【7/6-7/8】北アメリカインターナショナル

順位 プレイヤーネーム パーティ
1 Jeremy Rodrigues メガメタグロスカプ・テテフフワライドランドロス霊獣モロバレルロトム炎
2 Justin Burns メガメタグロスカプ・レヒレサンダーランドロス霊獣モロバレルガオガエン
3 Paul Chua メガガルーラランドロス霊獣クレセリアカプ・レヒレカミツルギヒードラン
4 Alessio Yuri Boschetto メガメタグロスカプ・レヒレサンダーランドロス霊獣モロバレルガオガエン
5 Jackson Finch メガリザードンYウォーグルライチュウランドロス霊獣カプ・レヒレカミツルギ
6 Len Deuel メガボーマンダバンギラスドリュウズギャラドスクレセリアモロバレル
7 Melvin Keh メガリザードンYカプ・コケコカプ・テテフランドロス霊獣ミロカロスカビゴン
8 William Hall メガサーナイトランドロス霊獣カプ・コケコモロバレルガオガエンマリルリ

海外環境の鍵はリザードン+まけんき(かちき)

上記は4月のラテンアメリカ大会と7月の北米大会でのそれぞれ上位8名のパーティである。
最も特徴的なのは『リザードン』を採用したパーティが多いことである。ラテンアメリカ大会では上位8名のうち4名(XとYが2匹ずつ)、北米大会でも2名が『リザードン』を使用している。(日本の全国大会ではベスト8にリザードンは1人)
『リザードン』+『霊獣ランドロス』という並びが基本にあるのは日本と共通だが、『ミロカロス』や『ウォーグル』といったポケモンが目立ち、先述の使用者6名も全員が特性「まけんき」「かちき」いずれかのポケモンを採用している。
この『リザードンの』使用率と取り巻きの違いは、日本との環境の違いを特に表しているように見える。
その背景として考えられるのは『メタグロス』構築である。日本の環境では『メタグロス』が苦手な『リザードン』を意識して『バンギラス』を採用する形が多いが、海外の環境ではそれほど多くない。
そして、『バンギラス』を採用している枠に特性「いかく」のポケモンを採用して『ガオガエン』と『ランドロス』を同居している形が多い。
そのため、『メタグロス』構築のメタとして『リザードン』+「まけんき」の組み合わせが環境上位に食い込んでいると思われる。

関連記事

【WCS2018】世界大会を120%楽しむ!WCS2018対戦環境について
【WCS2018】WCS2018を120%楽しむ! 日本環境その1
【WCS2018】WCS2018を120%楽しむ! 日本環境その2
【WCS2018】WCS2018を120%楽しむ! 日本環境その3
【WCS2018】JCSライブ大会出場者パーティ一覧